デイトレード

デイトレードをしているときに、朝、昼、晩では若干値動きが異なります。ポンド円では午後4時ごろに動くことが多かったような、その理由は具体的にはわかりません。そして、午前1時を過ぎるとレートが動き出すことがあります。これはおそらく寝ている間にロスカットさせようと、とある仕手筋が動いているためと考えています。朝になったときにあるはずの建て玉が消えていた、あれっと思っていたら、じつは深夜時間帯に値動きがあり全部ロスカットされていたというパターンです。

01
 

Think Forex


ニュージーランドが本拠地のThinkForex(シンクフォレックス)は、1,000通貨からトレードが出来て、最大レバレッジが400倍の高倍率設定のFX業者(ブローカー)です。運営はTHINK FOREX CAPITAL MARKETS LTDで、とても、信頼できるFX業者(ブローカー) なのです。



(NDD)ノンディーリングのECN方式を採用して、ディーリングを経由しない取引なので、誰にでも公平な立場で低スプレッドを提供することができます。とても高い約定能力があり、日本人が対応する日本語サポートも充実しています。ですから、問い合わせにも不安がなく、安心のトレードを実現出来るのです。

ThinkForexは、とても引くスプレッドを設定しています。約定の能力もとても高いので、短期間でのトレードを終わらせるスキャルピングEAなどを動かしていくには、非常に向いているFX業者(ブローカー)といえるでしょう。

また、ノンディーリングのECN/STP方式の採用で、ブローカーによるディーリング操作もありません。ですから、ThinkForex内での、とても公正なトレードが可能になったのです。

ThinkForexには、日本人スタッフもいます。ですから、心配はいりません。英語ができなくても、日本語で質問ができるので、心置きなくトレードをすることができます。

2種類のアカウント口座


ThinkForex公式WEBページは、日本語ページを作成していません。しかし、日本人スタッフのサポートがあるので、分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。ご安心ください。

シンクフォレックスのメタトレーダーは、2種類のアカウント口座が利用できます。METATRADER4(スタンダード)口座は最低入金500USDから、METATRADER4 PRO(プロ)口座は最低入金10,000USDからの利用となっています。

プロ口座は、スタンダード口座より優れた約定能力とスプレッドがありますが、1トレードあたりの手数料(コミッション)が発生することになります。トレードは、0.1ロット(10,000通貨)から開始できます。

スタンダード口座は、プロ口座よりも少し低い設定になっています。しかし、他のブローカーと比べても、スプレッドも十分に低いですし、約定能力も引けをとりません。0.01ロット(1,000通貨)からトレードが開始できますから、METATRADER4口座(スタンダード口座)でも、不足はないでしょう。

ThinkForexに口座を開設すると、2,500USD以上の入金で、VPSの無料貸し出しサービスを受けることができます。VPSを使うことで、24時間365日、いつでも安定したEAの自動売買が実現できるのです。