デイトレード

デイトレードをしているときに、朝、昼、晩では若干値動きが異なります。ポンド円では午後4時ごろに動くことが多かったような、その理由は具体的にはわかりません。そして、午前1時を過ぎるとレートが動き出すことがあります。これはおそらく寝ている間にロスカットさせようと、とある仕手筋が動いているためと考えています。朝になったときにあるはずの建て玉が消えていた、あれっと思っていたら、じつは深夜時間帯に値動きがあり全部ロスカットされていたというパターンです。

01
 

eToro


eToro(イートロ)について紹介します。

イートロは他のFX業者とは一味もふた味も違うFX会社で、独自のポリシーとサービスを持っています。特に、「少ない専門家よりは、多くの素人から情報を得る」という考えから仕組みが作られているところが、非常に画期的かつ先進的です。この会社が多くの支持を得られるかどうかによって、今後のFX業者の行く末が見えるかもしれません。口座開設は非常に簡単なので、気になる方は口座を開設してみてはいかがでしょうか。



イートロのプラットホームはFX業者の中では異質な存在です。FX取引プラットフォームは「金融取引をしている」という感覚はなく、まるでゲームをしている感覚になります。また、ソーシャル・ネットワークの仕組みを利用しており、トレーダーや投資家といつでもつながることができるため、「みんなと一緒にやっている」感覚で楽しめます。ゲーム感覚で親しみやすい事が人気となり、現在では世界中で150万人もの人が利用しています。

FX取引ですので、もちろん仕組み自体は他のFX業者とかわりません。当然、利益の出し方、レバレッジ、スプレッド、リスクなども同じです。イートロの二本柱は、『ゲーム感覚』と『ソーシャルトレーディング』です。前述の通り、これは独特な考え方になるため、比較できる業者はありません。

『ゲーム感覚』について
MetaTrader4のように、普通のFX取引画面が好きな方は、「ゲーム画面」のようなプラットフォームは受け入れられないかも知れません。

ソーシャルトレーディング


『ソーシャルトレーディング』について
ソーシャルネットワーク(SNS)とは、ネットワークを通じて、多くの人々と情報や好みを共有する仕組みです。代表的なSNSはFacebookやTwitterがあります。

イートロでは「ソーシャルトレーディング」を展開しており、掲示板やライブチャットを通じて色々な人とアイデアを共有しながらスキルアップを目指すことができます。

150万人以上の参加者の中には様々なレベルな方がいます。プロレベルの投資家から初心者レベルの方、戦略が似ている方、やってみたかった投資法を実践している方など、いろいろな方と一緒に参加できるというのは、とても画期的な仕組みです。

イートロが提供しているOpenBookというツールを利用すれば、特定期間(週・月・4半期・年別)の成績がよかった参加者ランキングを見ることもできます。これが、感想を共有したり戦略を参考にできるだけの他のSNSとは違うところです。

最後にメリットとデメリットをまとめましたので参考にしてください。

《メリット》
• 初心者でもゲームのように楽しめる
• SNSを利用して他の参加者と情報や感想を共有し、参加者ランキングを見れる
• ツールが充実しており、アニメ―ションが多く理解しやすい
• ディーリングデスクを介さないため、レートに透明性がある

《デメリット》
• 日本語サポートがほとんどない
• 高度でテクニカルな取引はできない
• 分別管理はしているが、信託保全ができているかは不安
• イスラム口座のため、スワップがつかない